お電話でのお問い合わせはこちら06-6955-0303 お問い合わせ
診療内容

診療内容

マクロファージ活性化療法

癌や自己免疫性疾患などで悩む方へ

私たちの健康は実はマクロファージによって支えられています。マクロファージは、異物を貪食するだけでなく、抗体を作らせる免疫細胞の司令塔としてなど、免疫を維持するのに重要役割を担っていま
す。このような生体防御システムは「マクロファージ・ネットワーク」と命名されており、神経系や内分泌系さらには腸内細菌叢と密接に連携しながら、代謝やホルモン調整などに大きな影響を及ぼし感染防御、新陳代謝、傷の修復など、生体恒常性の維持の基礎となっていると考えられています。

さらにマクロファージは免疫を強化するだけでなく、免疫機構が狂って自分の身体を攻撃したり免疫の過剰反応を最適な状態に調整することによって、各種自己免疫性疾患やアトピー、花粉症などのアレルギーなどを改善します。

このようにマクロファージは病気に罹ってからではなく、罹る前に働いて健康を守る予防医学という観点からも非常に重要です。

当PHCグループでは「マクロファージ」を活性化する物質を「免疫調整因子」 immune regulating factor ( iRF ) と命名し、「マクロファージ活性化療法」を行っています。
これにより免疫低下疾患である癌だけでなく免疫過剰疾患の各種自己免疫性疾患やアトピー、花粉症などのアレルギー疾患などの治療に応用しました。
また、これら疾患の予防だけでなく健康維持やアンチエイジング、美容の面からも非常に有効です

治療方法

他の免疫治療に多い、自己血液を採取し、必要なものを培養をするという工程が必要がありません。
「マクロファージ」を活性化する物質を「免疫調整因子」 immune regulating factor ( iRF ) を血液内へ静脈注射します。

注射頻度については、がん治療では1週間毎に1度、注射を行います。それを8度、つまり8週間、約2ヶ月で1セット治療となります。

その他の疾患では、疾患、個人の疾患の程度により、治療頻度・注射の回数が異なるため、希望の治療内容に応じて、相談させていただきます。

詳しい説明はこちら

リンパ球免疫療法

副作用が無い第4のがん治療法

私たちの身体には一日数千個以上もの癌細胞ができますが、免疫細胞が“癌細胞”を日々根絶しています。
しかし、生活習慣やストレスなどで多くの方は本来の免疫力が低下しています。そのため自己の免疫力で根絶できなかった癌細胞が長い年月をかけ増幅し“癌”が発症します。
従来の手術療法、化学療法、放射線療法に加え、副作用のない上に予防から末期癌、再発予防までほぼあらゆる癌の治療が可能な免疫療法が第4の癌治療法として認められてきています。

また、化学療法では癌の増殖、再発の大きな原因である“癌幹細胞”を根絶できないことが分かってきており、近年免疫を用いた治療が再び注目を浴びています。
リンパ免疫細胞療法は癌を攻撃する主体の免疫細胞であるリンパ球(αβ細胞やNK細胞など)を血液中から取り出し体外で増殖させ、免疫細胞を大幅に増殖・増強した上で再び体内に戻してがん細胞を攻撃する方法です。

更にこのリンパ免疫療法も他の免疫治療同様、癌予防という観点からだけでなく健康維持やアンチエイジング、美容の面からも非常に有効です。

具体的な治療法

  1. 患者様より約20mlの血液を採取します。(約15分)
  2. 次に免疫細胞を約100億個まで増殖させます。(約2週間程度時間を要します)
  3. 点滴により体内に戻します。(約30分)
巡回図

詳しい説明はこちら

腸内フローラ便移植

こんな方にオススメ

1.アトピー、喘息等の自己免疫性疾患 他 自閉症、うつ、慢性疲労症候群慢性疲労症候群等
2.体質改善をして、もっと綺麗に、いつまでも健康でいたい!!そんな方にもオススメです

  • 便秘や下痢状態が続いて困っている
  • 慢性疲労体質を改善して元気になりたい
  • 冷え性を改善したい
  • 根本的に痩せたい
  • お肌のコンディションが悪く吹き出物ができる
  • ストレス性の不調で眠れない
  • すぐに風邪をひいたり体調を崩しやすい

腸内フローラでアンチエイジング対策

加齢と共にカラダの衰えが表面化してきます。内臓の働きも衰え、ちょっとした風邪が長引いたり、腸の働きが鈍くなるため便秘になったり、大腸がんの発生率も高くなります。

腸は「第二の脳」と言われ、腸には本人の意志とは関わりなく働く神経細胞があります。
また、腸には免疫を司る機能が約80%あると言われています。

腸が正常でないと、各臓器への指示が円滑に行われず各機能が低下し、物忘れ、痴呆症、風邪などの感染症の遅延などの老化現象も深刻化してきます。
腸内フローラ移植を行い、健全な腸内環境を整えることにより老化現象を遅らせることができます。

当院の治療の特徴

ドナー(便提供者)から提供される<腸内細菌の質>が一番重要であるといっても過言ではありません。
当院では若くて健康なドナーから提供されるものを使い施術を行っております。

ドナーが身内である場合、同じような生活環境である場合が多く、同じような腸内フローラになっている可能性を否定できません。そのため、全く違う、理想的な腸内フローラ叢を持つドナーから提供されるものを移植することが望ましいと考えます。

ドナーの選定にこだわり、時間をかけているのはそのような理由からなのです。
また、当院では安全性・確実性に優れ、危険性の少ない<胃カメラ方式>を採用しています。

腸内フローラ移植術の流れ

1.腸の動きを抑える薬を注射

処置室で横になります。,br>小腸と大腸の動きを抑えるための注射をします。次にのどに麻酔をかけるためのお薬を飲んでいただきます。

  • 小さじ1杯程度のジェル状のお薬です。
  • 鎮痛剤や安定剤を処方する場合もあります。

2.内視鏡の挿入

施術中は、肩の力を抜き、楽にしてください。
施術は5分程度で終了します。

施術時間
5分程度

3.移植終了

処置後はすぐに帰宅できます。

  • 移植後の注意事項をご説明いたします。
  • 10~20分お休み頂いてからのご帰宅も可能です。

詳しい説明はこちら

幹細胞培養上清液療法

癌や自己免疫性疾患などで悩む方へ

脂肪幹細胞培養液には細胞を再生させる成分が豊富に含まれており、これを用いた再生医療で、アトピーなどの難治性皮膚炎やシワ取り、AGAなどのアンチエイジング始め口腔外科領域でも優れた再生能力がみられます。

尚、我々の脂肪幹細胞上清液は特許出願中の新製造技術(AGEL法)で製造されており拒絶反応などの無い安全性と高いタンパク質、遺伝子発現性を持っております。

詳しい説明はこちら

美容・ヘルスケアー

点滴メニュー

・高濃度ビタミンC(12.5g)点滴 9,000円(税別)

通常の1000倍の高濃度のビタミンCの点滴です。癌の治療にも用いられ、美容・アンチエイジングなどに絶大な効果があります。25g以上の場合は医師と相談してください。

・マイヤーズカクテル改  9,000円(税別)

点滴療法の元祖、アメリカのマイヤーズ博士のレシピを当院独自の改良を加えたレシピです。難病や体調不良他、美容・アンチエイジングにも効果があります。

・疲労回復・体調管理点滴  6,000円(税別)

特に元気になりたい時などに。不足しがちなアミノ酸やビタミン類他の補充、血行促進などの効果があり、疲労回復や健康維持の効果があります。

・美肌・美白点滴 6,000円(税別)

お肌に必要なビタミンやアミノ酸を配合。「白玉」の美白成分もたっぷり入っています。

お問い合わせ


  • MAIL: info@hakuji.or.jp
  • TEL: 06-6955-0303
  • 06-6951-5718(代表)
  • FAX: 06-6956-5524
pagetop-button